訪問医療マッサージの詳細は こちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訪問医療マッサージの詳細は こちら

ガンとの闘病に患者と医師で異なる価値観

東京大学医学部付属病院放射線科と緩和ケア診療部が、がん患者、一般市民、医師、看護師を対象に「望ましい死のあり方」や「死生観」についてアンケート調査を行いました。
結果は、患者の81%が「さいごまで病気とたたかうこと」を重要視しているのに対して、医師は19%しか最後まで闘病することを重要と考えていないことが明らかになりました。
調査は2008年、がん患者450人、東大病院の医師155人、看護師470人、ランダムサンプリングされた東京都一般市民1000人を対象に実施され、がん患者310人、医師109人、看護師366人、一般市民353人から回答を得ています。
その結果、「からだに苦痛を感じないこと」など、がん患者、一般市民、医師、看護師ともに重要だと回答した項目がある一方で、「さいごまで病気とたたかうこと」「やるだけの治療はしたと思えること」などはガン患者、一般市民で重要と回答した割合が高いものの、医師や看護師では重要と回答した割合が低かったのです。
また、「残された時間を知っておくこと」について、医師では重要と回答した割合が89%と高かったが、がん患者は69%と医師ほどは重要ととらえていないことなども明らかになっています。
宮下光令・同大学講師は、医療者の価値観とガン患者や一般市民の価値観が必ずしも一致していないことを挙げ、
「東大病院はアグレッシブな治療を行う医師が多い。その点では『最後まで闘う』ことを望む患者の希望にそっているが、一方で、医師は亡くなる患者を何例もみてきている。告知の問題や残された時間をうまく使うための選択肢の提供といった観点において、今後は患者とさらにコミュニケーションを図っていく必要がある」
と述べています。
訪問医療マッサージの詳細は こちら

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : ガン 緩和ケア

コメントの投稿

Secret

全記事表示リンク

カテゴリ
訪問医療マッサージの詳細は こちら
最新記事
ユーザータグ

国立病院 重症やけど うつ病 医師偏在 認知症疾患医療センター ガン細胞 女性らしさ ウイルス 自殺対策白書 体力テスト 社会保障 緑茶 シックハウス インフルエンザ 休日診療 出張マッサージ 子宮頸がん 治療ガイドライン 夜間診療 民間病院 がん エステ系オイル エイズウイルス ポリープ 和泉市 介護福祉士 結核 レジオネラ菌 国民健康保険 癒し 肺がん 健康食品 鍼灸師 リビング・ウイル 脳内タンパク質 病院 がん細胞 マイコプラズマ肺炎 iPS細胞 妊娠中絶 大腸がん アルツハイマー病 歯医者 HIV ガン 在宅リハビリ 医学部 健康管理 遺伝子 乾燥機 NICU 禁煙 タミフル メタボリックシンドローム 無保険 産科医不足 アレルギー性喘息 コンビニ受診 NKT細胞 健康問題 介護保険 品質管理 カテキン 風邪 東京都 労働者健康状況調査  エイズ 介護報酬 病院経営 通所サービス ジェイス 歯周病 医療改革 リソソーム 救命救急センター ヒーリング リハビリ ワクチン たばこ 医療用語 スペイン風邪 精神疾患 排卵期 介護事業所 保険料滞納 シックハウス症候群 糖尿病 新型インフルエンザ 都立墨東病院 医療マッサージ 路上生活者 記憶力 小児ぜんそく 歯科医 世界人口 目次 介護人材 教員 ダウン症 アロマオイル 献血 ES細胞 ガン検診 医師臨床研修 後期高齢者医療制度 出生体重 新生児集中治療室 上代町 臨床研修医 人口動態統計  赤ちゃん ホスピス 感染症 MG53 ホルムアルデヒド 訪問マッサージ 乳がん エイズワクチン 認知症 肥満傾向 虫歯 再生医療 マンモグラフィ 妊婦たらい回し 社会福祉士 終末期医療 総合周産期母子医療センター 内臓脂肪症候群 やけど治療 半月板 筋ジストロフィー ナチュラルキラーT細胞 国立大学病院 若年性認知症 医師会 太り気味 ミツグミン53 アルコール依存症 パンデミック EML4ーALK セックスレス 出生数 

最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。